後悔しないために参加しよう

社内政治というのは、人が集まる場所において必ず生まれてくるものです。会社というのは、社長などをはじめ責任者を頂点とするピラミッド型の組織といえます。必ずといっていいほど、這い上がる人と這い上がれない人に分かれていくものです。それを決定付けるのは、多くの場合上に立つ人間が判断を行ない決めることといえます。もちろん、業績なども関係してくるでしょう。
社内政治で大切な内容の一つに、力のある上司との人間関係があります。上司にとっては、仕事に関わりなく性格や力量などをよりよく知り尽くしている人間を身近においた方が、スムーズに業務行えます。そのため、そのような部下を上の立場に立たせようと考える人も多くいるのです。つまり、上司との人間関係がうまくいっていない人は同僚との差が生まれてしまい、同僚が自分の上司となる可能性も考えられます。
異性を問わず現在の若い人は、今以上に責任を抱え込まなければならない「出世」というものには、魅力を感じないと判断する人も多いようです。そのようなことから、社内政治に参加をしない若者が増えています。会社の飲み会や食事会なども、仕事外の内容として参加しない若者も多いようです。
社内政治にうまく参加できない場合、後々結婚をして子供ができ、親としての立場や収入面において出世できていないことに後悔してしまう場面も多々でてきます。後悔しないためには、できるだけ社内政治には関わるよう心掛けておきましょう。出世を目的としていなくても、人間関係がよければ気持よく仕事ができるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です